化粧の仕方を考えてみよう

敏感肌にいい化粧方法

化粧品の順番を変えてみる

スキンケアの順番を変えるだけでも大きく変わります。化粧品、美容液、乳液、クリームの順番が化粧の基本的流れです。しかし、メーカーによっては順番を変えた方が保湿効果の高いものもありますので、敏感肌を改善するためにも、手順にも気を遣うといいでしょう。

下地にもこだわる

化粧の下地は肌の整地や保護の役割を担っています。つまり、下地を保湿効果のあるものに変えることで敏感肌の対策になります。今では敏感肌にいい下地には様々な種類があり、UVカット成分を配合している下地や無添加で敏感肌用に作られた下地もあります。

化粧水や乳液は手で行う

一般的に化粧水や乳液はコットンで行うことが普通でしょう。しかし、敏感肌はコットンを使用するだけで肌に刺激を与えてしまうことになります。肌を刺激しないためにも手を使って化粧水や乳液を塗ることを心掛けましょう。

メイク落としが重要

美白を作る上でもきちんとメイクを落とすことが大切だと言われていますが、敏感肌にも同じことが言えます。化粧を落とす際には、どうしても肌を刺激することになります。ですから、化粧を肌に刺激を与えないようなメイク落としを使用することが大切です。

広告募集中